あきこマダムの60代人生これから

60代からの幸せになるコツや日々の発見・学びを綴ったブログ

映画・TV感想文

心温まる怪談はなし【MONDOTV放送怪談テラーズ】

更新日:

心温まる怪談はなし

 

12月24日に放送された「MONDOTV放送怪談テラーズ」で心温まる怪談ばなしが紹介されました。

 

様々な心霊現象を体験したという三木大雲住職。

怪談を切り口に仏法を説いていて、「怪談住職」とも呼ばれています。

 

そんな三木住職がお話された怪談ばなしがとても心温まりました。

 

スポンサーリンク




 

日蓮宗 光照山蓮久寺 三木住職のもとに、中学の先生が尋ねてきたそうです。

 

たわいのない話をしている時にその先生の手の指を見ると薬指がありませんでした。

音楽の先生でピアノを弾く時に不便ではないかと気になり、「どうされたのですか」と尋ねました。

 

すると先生は「ある人にあげたんです」と言いました。

指をあげるとは不思議な話だなと思い、どういう事なのか詳しく話を聞きました。

 

その先生はいつも学校と自宅の行き帰りに自転車で通っていて、必ず帰りしなに赤信号で止まる信号があったそうです。

その信号で止まっていると信号の上のほうから小さな男の子の声で、「指が欲しい」「指ちょうだい」と声が聞こえてきます。

 

怖~と思って周りを見てみると自分だけにしか聞こえていない様子。

 

この先生は、今までに心霊現象も幽霊も見た事もなく霊感体質ではありません。

 

もしかしたらこの場所で事故にあった子が指を欲しがっているんじゃないかと自分なりに解釈したそうです。

 

ある日の事。

その日は朝から、ドシャブリの雨。

天気予報をみると午後からはお天気もよくなるとの事だったので、行きは傘をさして自転車を引いて行きました。

いつものように授業を終え、自転車の前のカゴの横に傘を挟んで家に向かいます。

 

時計を見るといつもより10分早い。

頭に浮かんだのは、(ひょっとしたら今日は青信号で渡れるかもしれない)と思ったそうです。

 

そのために早く自転車をこごうとして体が左右に揺れ、その振動で傘の先が前輪の中に入り体が宙に浮いて転倒し尻もちをつき自転車が先生に被ってきた。

 

その時になんか痛みが指の方から走った。

よく見ると指がない!

 

周りにいた人たちが集まって来て救急車を呼んでくれた。

 

病院に着いて治療すると、今の医学ではちぎれた指は早かったら繋げれるとの事で事故現場に指を探しに行ったそうですが、いくら探しても指は見つからなかったそうです。

 

その時先生はこう思ったそうです。

そういえば、あの横断歩道の信号の上で小さな男の子の声で「指が欲しいちょうだい」といっていたから、もしかしたら男の子が指を手に入れて使っていてくれているのかもしれない。

学校の先生だから、子供が喜んで使っていてくれるんだったらいいかと思うようにしたそうです。

 

 

暫らくしてからその先生は結婚されて、再び御主人と一緒に三木住職の所に相談に来られました。

 

妊娠したとの報告。

めでたいことなのになぜか表情が暗い。

 

住職は「何か困っているんですか」と聞きました。

 

産婦人科で撮ったお腹の中の赤ちゃんの動画を住職に見てほしいというのです。

 

その動画を見ると赤ちゃんの指がハッキリと見え、左手の薬指がありません。

 

「あのとき信号の上にいた男の子に私の指あげましたよね!お腹の子の指がないなんてこんな理不尽なことないですよね!」と先生は訴えます。

 

そして、こんなお願いをされました。

「あの男の子の霊から私の指を返してもらってください。そして、私のお腹の中の子にこの指をあげてください。」

 

お経をあげてくださいといわれましたが、一応お腹の中の赤ちゃんの健康を祈願してお経を読みましょうとお経をあげたそうです。

 

 

暫らくして子供が生まれて、先生夫婦が三木住職のもとに報告に来られました。

 

「ありがとうございました。生まれてきた子供の指が十本ありました」

 

男の子が指を返してくれたのでしょうか。

住職は心のどこかでこの男の子がかわいそうだな~と思っていたそうです。

 

 

それから2~3年過ぎて、生まれた男の子が言葉を覚えて喋るようになりました。

 

するとその男の子は「お母さん お母さん指をありがとう」と言うんだそう。

 

お母さんは子供にどういう事と聞くと

「お母さんがいつも仕事で帰ってくるとき信号の上で見ていたよ」と。

ああ、そういう事だったのか。

 

そして、三木住職のもとに報告に来られたそうです。

「信号の上にいたのは生まれる前の私の子供でした」

 

 

そんな話が本当にあるのかと思う人も多いと思いますがと三木住職。

仏教の世界では私達が生まれる少し前「求名霊」自分に名前を付けてください。誰か自分に名前を付けて。と両親を探すそうです。

 

親を選んで生まれてきているそうです。

記憶にはありませんが、親に頼んで生まれてきているそうです。

上から自分の親になる人を探しているんですね。

 

本当にいいお話でした。

 

人間は死んだら終わりだとか輪廻転生を信じていない人も沢山いらっしゃいます。

反対に輪廻転生を信じて毎日を大事に生きている人も多くいらっしゃいます。

 

私も輪廻転生を信じている一人です。

 

幸せ・不幸になるのも先の世からの約束事があると言います。

世の中は不思議でわからないことが多い。

 

生まれて来た意味はなんなのか・・・不思議な話しを聞くとたまにそんな事を考えてしまいます。

▼クリックしてくれると励みになります^^
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

-映画・TV感想文

Copyright© あきこマダムの60代人生これから , 2018 All Rights Reserved.