あきこマダムの60代人生これから

60代からの幸せになるコツや日々の発見・学びを綴ったブログ

映画・TV感想文

ちあきなおみさんの歌声をもう一度

投稿日:

ちあきなおみ ベスト PBB-84
ちあきなおみ
コロムビアミュージックエンタテイメント株式会社 (2008-07-01)
売り上げランキング: 4,105

 

ちあきなおみさんが、表舞台から姿を消して25年。

テレビから、あの懐かしいちあきなおみさんの「喝采」の歌が流れてきました。

BSジャパン12月17日に放送された「熱唱!孤高の歌姫伝説 ちあきなおみ歌の世界」です。

喝采は、一度聴いたら心に浸みつくほどの名曲です。

 

司会は小倉智昭さん。

小倉智昭さんがちあきなおみさんのファンなんだなとすごく伝わってくる話がたくさんありました。

「日本に誇る最高の歌手、世界に通用するほど歌が上手くちあきなおみさんを超える歌手はいないじゃないかなと思います個人的には!と思う程大好きです」と熱い想いを語っていました。

 

小倉さんとちあきなおみさんとは同い年。

昭和44年大阪万博の開催を開く前の年にちあきなおみさんは「雨に濡れた慕情」でデビュー。

ヒットこそしなかったが洗練された歌唱力で大きな注目を浴びます。

 

翌 昭和45年に「四つのお願い」がヒット。

紅白歌合戦に初出場し、トップ歌手の仲間入りを果たします。

 

昭和47年には喝采で日本レコード大賞を受賞。

様々なジャンルの曲を次々とヒットさせる。

 

当時25歳。

 

小倉智昭さんは、

「喝采の歌を聞き終わった時に切なく、こんな歌聞いた事がない。今まで歌謡界にこんな歌はなかった。この歌をきっかけに日本の歌がガラッと変わっていった。ちあきなおみさんの魅力は歌唱力はもとより表現力が凄いずば抜けて上手い!」と語る。

 

1978年 ちあきなおみさん31歳の時、宍戸錠の弟、郷エイジと結婚。

しかし、1992年9月11日(平成4年)に死別。

ちあきさんは柩にしがみつきながら「私も一緒に焼いて」と号泣されたという。

結婚生活14年だった。

 

平成4年4月テレビ出演を最後に表舞台から姿を消す。

この時、歌ったのが水原ひろしの名曲「黄昏のビギン」

淡い恋心を綴られたこの歌をどんな思いでちあきさんは歌ったのか。

 

当時44歳。

多くの人を魅了して舞台を去った。

 

最後に小倉智昭さんは、もう一度ちあきさんの歌が聞きたい大好きですと・・・

ちあきなおみさんは現在70歳。

 

お墓の近くに住まいを移され月命日にはいつも一時間近く墓前におられるそうです。

夫、郷さんが亡くなられる時ちあきさんに「もう無理をして歌わなくてもいいんだよ後は自分の好きな事をして生きて行きなさい」といわれたそうだ。

 

なんか切なく悲しくこんなにもお互いの事を愛していたんだなと胸が熱くなります。

引退宣言はまだされていないので多くの方々がちあきなおみさんの歌をもう一度もう一度と待ちわびています。

▼クリックしてくれると励みになります^^
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

-映画・TV感想文

Copyright© あきこマダムの60代人生これから , 2018 All Rights Reserved.