あきこマダムの60代人生これから

60代からの幸せになるコツや日々の発見・学びを綴ったブログ

スピリチュアル

神様がいる山といない山の違いとは?

更新日:

神様がいる山といない山の違い

 

山には神様がいる山といない山があるって知ってました?

 

呼び名が(・・・やま)なら神様はいないけど(・・・さん)の場合は霊山・霊峰とされているんです。

そこに祀られている存在があるそうです。

 

(・・・さん)に行く時はその山の神様にご挨拶をしましょう。

神様のいる山に入る時は挨拶を忘れずに・・・

スポンサーリンク

神様がいる山「高尾山」

 

高尾山

 

高尾山は東京のパワースポット。

日本三大霊山のうちの一つ最近はミシュランにも載って大人気。

 

高尾山は八王子市にある標高599mの山です。

東京都心から近く便利なことから観光客や登山者の人気のパワースポット。

古くから修験者の修行の山として有名で知られています。

 

高尾山の神様は天狗。

 

挨拶もなしに入ると天狗の家に無断侵入と言う事になります。

私たちの家に知らない人が入ってきたら嫌ですよね?

怖いし、大問題になります。人間社会なら当たり前のこと。

 

神様のお姿が見えないから、人間は神様に失礼な事ばかりしていまいがちなんですよね。

今に神様に頭を怒つかれるかもしれません。

 

akiko
ごめんなさい。これから気をつけます。

 

神様がいる山の参拝マナー

 

私の大好きな本「霊感体質かなみのけっこう不思議な日常」に神様がいる山を訪れる時のマナーが書かれていました。

 

神様に好かれるための最強の参拝マナー

高尾山の様な霊山の場合、事前に行くことを報告し(高尾山の方角に向かって自宅からお祈りする)高尾駅に着いたら、名前と目的と感謝の気持ちを込めて大地に降り立つ。

帰るときは「ありがとうございました」とお礼を言えば、帰りの道中もきっと守ってくださるでしょう。

※霊感体質かなみのけっこう不思議な日常「第1弾」を引用、参考しています。

 

 

私が住んでいる大阪の近辺にも(・・・さん)と呼ぶ山はたくさんあります。

今まで何も考えずに訪れていましたが、これからはその山の神様を調べ参拝していきたいと思います。

▼クリックしてくれると励みになります^^
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

-スピリチュアル

Copyright© あきこマダムの60代人生これから , 2018 All Rights Reserved.