あきこマダムの60代人生これから

60代からの幸せになるコツや日々の発見・学びを綴ったブログ

美容・健康

目の健康寿命70歳!今から目のケアをしっかりしよう

更新日:

目の疲れ

 

お肌のケアはしているのに、忘れがちなのが目のケア

目は、毎日パソコンを見たりスマホを見たりして酷使しているのに目に対してのケアは怠りがちです。

 

2018年1月22日に放送された毎日放送「名医のTHE太鼓判!」では、目の健康寿命について特集されていました。

 

番組に登場された眼科の先生曰く、「70歳になるとほとんどの方が目の疾患にかかる」との事。

 

目の寿命は70歳ぐらいまでだといいます。

 

目は70歳を超えると、白内障・緑内障・加齢黄班変性といった症状がでてくるそうです。

私は今68歳。もうすぐです。

 

歳には勝てない覚悟はしておかないといけません。

怖いですね。

 

でも、目のケアをきちんとすれば目の健康寿命は延せるらしいのです!!

 

スポンサーリンク




 

目の現代病ドライアイ&50代から要注意!加齢黄班変性

 

現代はエアコンとかパソコンなど便利なものがあります。日常的に手放せないアイテムですよね。

でも、こういう物がドライアイの原因を作ってしまう。

 

加齢黄班変性にしても物が歪んで見えることで視力は低下し失明の原因になるらしいのです。

70歳以上は20%の人に発症のリスクがある。

 

放置すれば失明につながるそうです。

 

スマホをいつも見ていることも原因のひとつなんだとか。

ブルーライトは、黄班部に傷害をあたえてしまうそう。

 

パソコン・スマホのLEDを防ぐ方法としては、ルテインとか黄色い色素が摂れる緑黄色野菜を食べることで、小腸で吸収されて黄班部に移るんだそう。

鮭は赤い色素のアスタキサンチンが目に良いとの事。

こういう食べ物を普段から食べる習慣を身につけることが目を守ることにつながるそうです。

 

誰もがなる白内障

 

70代で9割が発症するといわれる白内障

 

目を見たら白く濁っているので、この人は白内障なのかもと気づく時があります。

 

白内障にかかると視界は白くぼやけて見えます。

 

白内障の原因は、生活習慣にあるそうです。

 

それは、喫煙。

 

喫煙をすると、蛍光灯の白い光をまぶしく感じるようになるといいます。

タバコのニコチンが血管を収縮させ目に影響します。

タバコの煙自体が目に入り目の外側と内側から悪くしてしまいます。

 

今は日帰り手術などがあって便利になったそうなので、白内障が見つかったら出来るだけ早く手術した方がいいんだそう。

 

 

目に悪影響を与える物はすぐ近くにあり、現代では避けることはとてもむずかしいこと。

だから、自分でできるだけ避けていくしかありません。

 

歳をとることは生きているもの全てに平等にやってきます。

快適に生きていくために目のケアは大切だなと改めて思いました。

 

これからは緑黄色野菜をよく食べるようにし、鮭も食べて、色のある食べ物を見つけては料理していくぞ!

▼クリックしてくれると励みになります^^
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

-美容・健康

Copyright© あきこマダムの60代人生これから , 2018 All Rights Reserved.